女性は男性の薄毛をそれほど気にしていない

男性の会社員の方が「髪が薄くなるのと白髪になるのはまったく違う」というのを聞いて、そうなの?と思いました。というのも、私の場合男性を見るとき髪がフサフサしているとかさみしいとかというところよりも、その男性が「きちんと自分の仕事を真剣にやっているか」「自分自身の心の在り方を大切にしているか」「人に対して誠実に接しているか」というところを見ているからです。この3つを大切にしているとその在り様がにじみ出るので、これに勝るものはありません。髪が薄いことで悩んでいる男性は「髪が薄いこと」を最初の基準に自分自身をみて、何かしら劣等感を感じてコンプレックスや自信喪失を重ね上げていっているのかもしれません。もしくはルックス重視の女性から感じの悪い視線を向けられたのかもしれません。でも先ほどの3つの在り方を最初の基準にして自分自身を築き上げるようにしたら自分に自信がつき、女性の目線もだんだんと気にならなくなるのではないかと思います。

PR|頑張らない薄毛治療|